のぼりに使う色と組み合わせは重要

のぼりはお店などの集客のために並べるもので、看板を作るよりも安価で効果が非常に高いと言われています。

しかしどんなのぼりを立てても良いというものではなく、集客のために工夫して作り、立てることが必要です。

色から連想できるイメージを考える

・のぼりを作る時は、色から連想できるイメージを考えます。

例えば黄色なら陽気、明るい、快活といった前向きな印象を与えますよね。

緑色なら安らぎや穏やかな気持ち、健康などがイメージできます。

こういうことからお店によってどの色を基調にすればいいかがわかってきます。

・使うお店によってイメージが違うので注意

先ほど例に挙げた黄色ですが、食べ物をおいしそうに見せる効果もあります。

オレンジ色や茶色を引き立てますので、飲食店ののぼりに使うのに適していると言えます。

しかし商品を販売する店では黄色というと値下げ、セールというイメージがありますから安っぽく感じさせてしまうかもしれません。

高品質、高級を強調したいのであれば黄色は不向きと言えるでしょう。

一方で、大売出しセールといったものなら黄色だと人が多く集まってくれる可能性があります。

このように用途や目的によって変わってきますので、逆効果とならないよう気を付けなければなりません。

・色の組み合わせで注意すること

遠くからでも目立ち、どんなものがそこにあるのかもわかるのぼりを作る為には色の組み合わせも重要なポイントとなります。

似た色での組み合わせや明るい色同士の組み合わせは良い組み合わせとは言えません。

これは遠くから見るとあまり差が出なくなり見えにくくなるからです。

例えば黄色と白の組み合わせは近くではわかっても遠くなると何が書いてあるかよくわからなくなります。

のぼりに使う色はまずは遠くからでもよくわかるはっきりとした色であること、そのうえで明暗も意識した組み合わせにしましょう。

目に留まりやすく、何が書いてあるかもわかりやすいのぼりとなります。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.